SDGs

SDGsへの取組み

SDGs(持続可能な開発目標、英語:Sustainable Development Goals)は、先進国・途上国すべての国を対象に、経済・社会・環境の3つの側面のバランスが取れた社会を目指す世界共通の目標として、2015年9月に国連で採択されました。

貧困や飢餓対策、水、教育、医療、ジェンダーなど、人々が人間らしく暮らすための社会的基盤を2030年までに達成する目標になっており、17のゴール(目標)とそれぞれの下により具体的な169項目のターゲット(達成基準)があります。

当社は「常に発展する技術者集団」「発展の成果を社会に常に還元する企業」を企業理念とし、1972年の創業以来、情報通信システムのソフトウェア開発を中心に事業を展開してまいりました。

人工知能、IoT、ビッグデータといった先端技術が社会に革新的な変化をもたらすデジタルトランスフォーメーションが急速に進行する中、お客様が満足する高品質なシステムを提供していくことで、情報通信技術の活用による社会的課題の解決を通じ、国際的な枠組みであるSDGsに貢献してまいります。

SDGsの達成に向けた主な取組み

当社ではSDGsの達成に向け、様々な取組みを実施しています。

質の高いICTインフラを開発し、提供することで、お客様の持つ課題の解決や、経済発展に貢献しています。

社員が仕事と子育てを両立できる働きやすい職場環境づくりを進めており、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣より、くるみん認定を受けました。

女性技術者を増やし、女性が活躍できる雇用環境の整備を行っており、女性の能力強化並びにジェンダー平等を推進しています。

障がいをもつ方であっても、種別に応じて過度な制限なく遂行できる業務があり、また能力を発揮する機会が十分にあります。フォローメンバを就業サポートにつけるなど、障がいをもつ方が安全で安心して、健常者と同様の環境で働けるような働きがいのある職場作りをしています。

経済的な充実をはかりつつ、家庭や地域の和、健康増進などを目的に、従業員の生活に合わせた働き方ができるよう勤務時間を調整するための取組みや制度を設けています。

電力、ガスの使用時に、温室効果ガスの1つであるCO2が発生しますが、当社ではEMS活動を通じて、電力、ガスの使用量を削減しています。CO2削減に全社で取組んでおり、気候変動対策に貢献しています。

多摩川美化活動、三浦海岸清掃、大阪市の公園清掃を行うことで、川や海に流れるゴミを低減させることができます。海洋汚染防止に貢献することで、海の豊かさを守っています。