リモートアクセスシステム
社外から社内ファイルを安全に操作できる!

News&Topics

2018/10/10(水) NEW!!!

展示会出展のお知らせ

・10/17(水)-19(金) 「SecuritySolution2018」@東京ビッグサイト
・10/24(水)-26(金) 「第8回情報セキュリティEXPO 秋」@幕張メッセ

2018/10/5(金)

新製品『 V-Worker 』をリリースし、本サイトを公開しました。

ニュースリリース情報

リモートアクセスシステム V-Worker とは?

外出先や出張先からモバイルPC などを利用して社内サーバに接続し、 ファイルを一時的にダウンロードして操作することができます。
ファイルはモバイルPC の安全領域に保存され、シャットダウン・再起動時などに すべて消去するので、万が一、PC の盗難・紛失があっても情報が流出することはありません。 もちろん操作したファイルは社内サーバと同期すれば保存することができます。

通常のPC と変わらない操作感のまま、ファイルを保護し、情報流出を防ぎます

1 地下鉄や機内でも操作可能
事前のファイルダウンロードでオフライン環境でも操作が可能です。
2 大容量ファイルもスムーズに操作
PC のリソースを使ってファイルを操作するので大容量ファイルもスムーズに操作できます。
3 ファイルは安全領域にのみ配置
ファイルはPC 内の特殊な安全領域にしか配置できないので情報を保護できます。
4 一定時間でファイルを自動削除
一定時間の経過でファイルを自動削除する設定で紛失・盗難時も情報漏洩を防ぎます。

サーバとPC にリソースを分散することで利便性を向上

VDI方式のシステム
  • サーバ負荷が高いとPC 操作が緩慢になる
  • オフラインではPC 操作ができない
  • PC の操作性はサーバリソースに依存する
V-Worker
  • サーバ負荷がPC の操作性に影響しない
  • オフラインでもファイルを操作できる
  • PC 本体のリソースを使って操作できる