環境復元システム「V-Recover」
PCメンテナンスの手間をぐっと削減します!

用途別の3種類の製品ラインナップ

環境復元システム
サーバ不要、シンプル構成&安価
こんな方にオススメ
  • 20台程度までのPCの環境復元を行いたい
  • シンクライアントより安価な仕組みで、 貸出PCのデータを残さないようにしたい
  • OS/アプリケーションのメンテナンスはほとんど実施しない(WindowsUpdate、ウィルス対策ソフトの更新のみなど)
管理コンソール
環境復元機能、PC集中管理機能
こんな方にオススメ
  • PCの環境復元設定や電源制御など管理コンソールで一括管理したい
  • PC導入時に、OS/アプリケーションのPC設定を複数台に一括で反映したい
  • 期ごと、数か月に1度程度のイメージのメンテナンスを実施
PCキッティング
クローニング機能
こんな方にオススメ
  • PCのキッティングにかかる作業時間とコストを削減したい
  • 複数台のPCにネットワーク経由でクローニング配信を行いたい
  • PCのリカバリーなど個別のPCにUSBメモリを使用してクローニングを行いたい

環境復元システムV-Recoverとは?

必要な情報は残して元通りにするので、PCを利用している間にメンテナンスができる環境復元システムです。
例えば、Windows Updateやウィルス定義ファイルなどのファイルだけをPC内部に残し、その他の変更はすべて破棄するように設定すれば、 シャットダウン・再起動時に設定したファイル・フォルダ以外のユーザ操作は破棄され、 定期的にメンテナンス作業をしなくても、必要なファイルのアップデートとPC環境のリカバリーが実施できます。

こんなお悩みをすべて解決!

定期メンテナンスを負担に感じている

定期メンテナンスが不要に

PCを利用している間に、メンテナンスに関するファイルが更新されるので、手動でのメンテナンスがほとんど必要ありません。

ユーザの勝手なPC変更に困っている

ユーザの操作を毎回リセット

ユーザの操作はシャットダウン・再起動でリセットされるので、リカバリー作業をしなくても整備されたPC環境をキープできます。

PCを利用できない時間を減らしたい

PCはいつでも利用が可能に

PCの利用を停止しての定期メンテナンスが必要ないので、ユーザはいつでもPCを利用できます。

特徴

BitLocker対応
BitLocker(ディスク暗号化)機能が有効な状態でも環境復元機能を利用可能。
ウイルス対策ソフト連携
安心のウイルス対策ソフトの連携実績。

詳細は こちら をご参照ください。
Windows大型アップデート対応
最新のWindows大型アップデートにすぐに対応。

詳細は こちら をご参照ください。
メンテナンスコスト削減
Windows Updateやパターンファイルの適応を自動で振り分け。V-Recoverも最新に自動アップデートされるため、メンテナンスコストを削減。

導入メリット

管理者メリット
  • 自動でWindows Updateなどの定期メンテナンスを実施できるので、メンテナンスのための 休日出勤を削減できます。
  • 環境復元機能で、手動での リカバリー作業が不要になります。
ユーザメリット
  • メンテナンス実施のための閉室時間がなくなり、 いつでもPCを利用できます。
  • ウィルスに感染してしまってもシャットダウン・再起動で元の環境に戻るので PCが使えなくなることはありません。
経営者メリット
  • ソフトウェアインストールのみで動作するので、 サーバ導入コストを削減できます。
  • 管理者の作業負担を軽減し、 勤務時間を減らすことができます。

従来製品との比較

一般的な環境復元システムでは、定期メンテナンスのたびに環境復元機能のON・OFFの切り替え作業や、 アップデートイメージを長時間かけて配信する必要があり、メンテナンスに手間がかかります。
V-RecoverではユーザにPCを使ってもらうだけで、メンテナンスに必要なファイルを自動でアップデートできるので、 復元機能の切替やイメージ配信などの管理者による作業は必要ありません。

さまざまなシーンで活用

多数が利用するPC教室
図書館や学習施設の共有PC
GIGAスクール構想で生徒に配布するタブレット
(Microsoft Surface)
教職員や学生貸出ノートPC

News&Topics

現在、新しいお知らせはありません。
2024/2/9(金)

■alpha Vclass Cloud ver1.1.0 をリリースしました

  • 以下の機能を追加しました
    • ファイル配布・回収機能
  • エージェントアプリを追加しました
    これにより、以下の機能が利用可能になりました
    • 電源ON/電源OFF/再起動/ログイン/ログアウト
    • 操作ロック
    • アプリケーション起動制限
    • Web閲覧制限
    • 遠隔操作
    • 教室レイアウトにあわせた学生画面の表示
    • 授業自動参加
    • 端末管理
    • 教室・レイアウト作成
  • 統計情報画面で表示する情報の期間を指定できるようになりました
  • いくつかの不具合を修正しました
2024/2/2(金)
本日、「授業録画配信ソリューション」および「運用自動化オプション」の販売/導入サポートを開始しました。
詳細はホームページおよびニュースリリースをご覧ください。

2024/1/29(月)

■V-Recover ネットワーク版 ver1.4.1 をリリースしました

  • クローニング完了後、環境によりディスク検出に時間かかりタイムアウトした結果、ホスト名が更新されないことがありました。これに対応するため、リトライ回数、リトライ間隔を設定ファイルで調整できるようにしました。
  • クローニング完了後、これまで端末シャットダウンを行っていましたが、ネットワーク配信前に管理者が「再起動」と「シャットダウン」を選択できるようにしました。
  • クローニングにおけるイメージ配信状況一覧でクライアントの配信所要時間を表示することで、配信中や配信完了にかかった時間を把握できるようにしました。
2023/12/22(金)

■V-Boot ver3.4.12 をリリースしました

  • V-Boot
    • 以下のクライアントOSに対応しました
      • Windows11 23H2
    • ネイティブPC用V-Boot Agentの対応OSに以下を追加しました
      • macOS Sonoma(14.X)
    • クライアントのキャッシュ領域の空き容量が不足している場合の動作を改善しました
    • vProのリモート電源制御において、TLSが有効な端末に対しても制御ができるようになりました
    • V-Bootクライアント端末にて、CVE-2023-24932の脆弱性に関するセキュアブートマネージャーの変更を適用できるようになりました
    • V-Bootサーバを新規インストールした際に、デフォルトで設定するHTTPS通信用の自己署名証明書を更新しました
    • いくつかの不具合を修正しました
  • リモートデスクトップ接続コントローラ
    • リモート接続画面に表示される接続先グループ名を、端末グループごとに任意の表示名に設定できるようにしました
    • AD連携機能において、認証に使用する属性やフィルタ条件を変更できるようになりました。
    • CSVインポートで端末グループの設定を更新できるようになりました
    • いくつかの不具合を修正しました
  • PC教室利用状況表示システム
    • 管理者サイト、出席管理システムで使用するAPIにおけるセキュリティの問題を改善しました

■alpha Vclass ver1.9.3 をリリースしました

  • 対応OSに以下を追加しました
    • Windows11 23H2
    • macOS Sonoma(14.X)
    • Red Hat Enterprise Linux 8.9 / 9.3
  • いくつかの不具合を修正しました

■V-Recover ver1.6.0 をリリースしました

  • 以下のOSに対応しました
    • Windows 11 バージョン 23H2(64bit)
  • 管理者の変更を含む、すべての変更を再起動で復元する管理者復元モード機能を追加しました
  • V-Recoverの設定変更やアンインストールを保護するV-Recoverの管理者用パスワード設定機能を追加しました
  • Windowsのスタートメニューや設定アプリからのアンインストールメニューを一般ユーザでは選択できないように変更しました
  • V-Recoverの設定画面で設定に変更がない場合は、再起動の確認を行わないように変更しました
  • 復元機能有効時に高速スタートアップ設定が有効な場合、高速スタートアップ設定を無効化するように変更しました
  • 貸し出しモードユーザとしてPC名またはドメイン名と同じ名前が設定できないように変更しました
  • いくつかの不具合を修正しました

■V-Recover ネットワーク版 ver1.4.0 をリリースしました

  • 管理コンソールの対応OSに、以下のOSを追加しました
    • Windows 11 23H2(64bit)
  • V-Recoverクライアントの利用状況をログとして収集・出力する利用ログ機能を追加しました
  • V-Recoverクライアントの同時接続可能数について最大1,000台接続に対応しました
  • アプリカスタマイズでリモートデスクトップ設定をした際、設定内容に応じたファイアウォール設定も行うように変更しました
  • いくつかの不具合を修正しました
2023/12/7(木)
龍谷大学 様の導入事例を公開しました。
詳細は龍谷大学様 導入事例ページをご参照ください。