複数のPCを一括して同じ設定にできるPC運用システム「V-Boot」
PCの管理・運用をぐっと簡単にできます!
PC運用システム決定版
サーバ上でイメージ(OSやアプリケーションに関する設定)を一元管理することができます。 1台のPCの設定をネットワーク経由で他のPCに配信することで、複数のPCを一括して同じ設定にできるので、 1台1台設定する作業が必要ありません。PCの運用をとても手軽にすることができます。
差分更新方式でネットワーク負荷を最小限に!
通常のネットブートシステムでは、イメージを編集すると、起動やアプリケーションを利用するために必要なイメージデータを全て再取得します。 しかし、V-Bootは配信済みのイメージとの「差分」だけを配信する方式をとっているため、 通信データ量を大幅に抑えることができます。 データ通信量を少なくしたことで、様々なメリットを生むことができました。

>>詳細は「 イメージの差分配信」をご覧ください。

News&Topics
現在、新しいお知らせはありません。
2021/12/24(金)

■V-Boot ver3.4.8 をリリースしました

  • V-Boot
    • クライアントの環境復元機能として、クライアントを利用した当日中は復元をしない動作モードを追加しました
    • V-Bootクライアントがセキュアブートに対応しました
    • 以下のクライアントOSに対応しました
      • Windows 10 21H2
      • Windows 11
    • ネイティブPC用V-Boot Agentの対応OSに以下を追加しました
      • macOS Monterey(12.x)
    • V-Bootサーバが以下のサーバOSに対応しました
      • Windows Server 2022
    • いくつかの不具合を修正しました
  • PC教室利用状況表示システム
    • 以下のサーバOSに対応しました
      • Windows Server 2022
    • リモートデスクトップ接続コントローラと連携した際、スケジュールページからLinuxのクライアントにリモート接続ができるようになりました
    • いくつかの不具合を修正しました
  • リモートデスクトップ接続コントローラ
    • 以下のサーバOSに対応しました
      • CentOS 8.4
      • RHEL 8.4
    • V-Bootサーバにネイティブ端末として登録されたLinux/macOSクライアントに対し、VNCでリモート接続できるようになりました
    • 端末ごとにリモート接続の可否を設定できるようになりました
    • いくつかの不具合を修正しました
2021/10/29(金)

■V-Recover ネットワーク版 ver1.0.0 をリリースしました

  • V-RecoverをインストールしたPCを、管理コンソールで一括管理できる「V-Recover ネットワーク版」をリリースしました。
2021/10/29(金)

■V-Recover ver1.2.0 をリリースしました

  • V-RecoverをインストールしたPCを、管理コンソールで一括管理できるV-Recover ネットワーク版のクライアント機能を追加しました。
    ※V-Recover ネットワーク版のクライアント機能は、専用ライセンスを設定することで利用できるようになります。