TOPV-Boot導入事例 > 明治学院大学様

V-Boot導入事例・明治学院大学様

導入経緯

運用管理の負荷軽減のため、貸出用ノートPCにV-Bootを採用

明治学院大学様では、学生に対して120台のノートPCの貸出を行っています。 これまでは学生が使うアプリケーション環境の整備やWindowsのセキュリティパッチの適用などを管理するため、1台1台設定する必要がありました。 今回、無線LAN環境でもイメージ更新が可能なV-Bootが、キヤノンITソリューションズ様のご提案により、採用されました。

パートナー:キヤノンITソリューションズ

導入のメリット

管理負荷の削減

通常利用しながらイメージ更新が可能(差分更新機能)
ノートPCの運用では、HDDインストールのWindowsをそのまま利用するか、HDDクローニングが主な運用方法です。 しかし、イメージの更新には、全台回収して作業する必要があります。 V-Bootでは、ノートPCを通常利用している間にイメージの更新が行われるため、 雛型イメージを更新するだけで全台へのイメージ展開が自然と行われます。これにより、管理負荷の軽減を実現します。

自動的にPCの設定を初期化(復元機能)
V-Bootでは、PCの復元機能により、学生が利用した際に、設定変更やデータの保存などはすべて初期化されますので、安心して次の貸出しを行うことができます。

様々なネットワーク環境で利用可能

無線LAN対応
通常、無線LAN環境では、ディスクレス運用やディスクイメージの配信はできませんが、 V-BootではHDDにキャッシュされたイメージで起動することができ、イメージの更新は差分データのみであるため、 無線LAN環境での利用が可能となっています。
複数キャンパスでのシステム一元管理
専用線で接続された複数キャンパス間でも、システムおよびイメージの一元管理が可能です。 専用線の帯域が狭い場合でも、サーバ間同期も差分更新のため、トラフィック量は少なくてすみます。 また、近いほうのサーバへ接続するため、ノートPCはどこのキャンパスへ持ち込んでも利用が可能です。

システム概要図

明治学院大学様システム概要図

画像をクリックで拡大します

»キヤノンITソリューションズ様 Webサイト

【注意】
本サイトは情報提供を目的としております。本ページに記載された情報は、2010年9月現在のものであり、閲覧時点では変更の可能性があることをご了承ください。