TOPV-Boot導入事例 > 日本大学 商学部様

V-Boot導入事例・日本大学 商学部様

アクティブラーニングスペースの様子

演習室 演習室

導入のメリット

イメージ配信の手間を大幅に削減

これまで約700台のPCのWindows Updateやアプリケーションの追加などを実施するためには、イメージ配信が非常に手間となっていました。
V-Bootは管理ツールの操作ひとつで、自動的に学生のPC利用中にバックグラウンドでイメージの配信が完了するので、イメージ配信にかかっていた手間を大幅に削減することができました。

PC利用中のイメージ配信で、学生の利便性がアップ

V-Bootでは学生のPC利用中にバックグラウンドでイメージ配信を行うことができるため、メンテナンスのためにPC教室を閉鎖したり、貸出ノートPCのサービスを停止する必要がなくなりました。
学生はいつでもPCを利用することができるようになり、利便性が向上しました。

日々の面倒なセキュリティ対策を自動で実施

ウイルス定義ファイルの更新やWindows Updateは、更新が頻繁で手間のかかる作業でした。
V-Bootの自動更新機能で、毎日設定したスケジュールで自動的に更新することが可能になり、手間なしで毎日忘れずに実施できるようになりました。

システム概要図

日本大学 商学部様システム概要図

画像をクリックで拡大します

お客様情報

創立 1889年
所在地 東京都千代田区九段南4-8-24(大学本部)
東京都世田谷区砧5-2-1(商学部砧キャンパス)
学生数(大学合計) 73,104名(2014年5月1日現在)
URL http://www.bus.nihon-u.ac.jp/

※注意
本ページに記載された内容は、2015年5月現在のものであり、閲覧時点では変更されている可能性があることをご了承ください。