IRポリシー

免責事項

サイトポリシーに記載の免責事項に準拠します。

IR基本方針

株主又は投資者・経営者・従業員・取引先・債権者・地域社会等のあらゆるステークホルダーに対して、会社に関する重要な情報を公正かつ適時・適切に開示をすることによって、当社に対する理解を深め、適正な評価をしていただくことを方針としております。

情報の開示方法

証券取引法及び関係法令並びに証券取引所の定める諸規則に従い、財務的、社会的、環境的側面の情報その他重要な情報について、東京証券取引所への事前説明後、同取引所の提供するTDnet(適時開示電子情報システム)に登録し提供しております。 TDnet公開後、すみやかに報道機関に同一情報を提供するとともに当社ホームページへも掲載します。

ただしシステムの都合上、これらの情報の当社ホームページへの掲載が遅れることもあります。また、適時開示規則には該当しないその他の情報につきましても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法により正確かつ公平に開示する方針です。

業績予想及び将来の見通しに関する事項

当社の計画・将来の見通し・戦略などのうち、過去または現在の事実に関する以外は、将来の業績に関する計画や見通しであり、これらは現時点で入手可能な情報による判断に基づいています。したがって、将来の業績等につきましては、様々なリスクや不確定要素の変動および経済情勢の変化などにより異なる場合があります。

沈黙期間の設定

決算情報の情報漏洩防止及び情報公開の公平性の観点から、決算発表直前におきましては、「沈黙期間」を設け、決算に関するコメントや質問の回答を控えることとしています。ただし、当該期間中に業績が大きく変動する見込みが発生した場合には、開示規則に従い適宜公表します。なお、当該期間中であっても、すでに公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては対応します。

IRポリシーの遵守

当社は、「企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)」の観点からも役職員全員に上記のIRポリシーを周知徹底し遵守します。