従業員

ワーク・ライフ・バランス

ライフスタイルが多様化している現代においては、家庭環境や人生の段階に応じて、仕事と生活を両立するためのバランスをとることが重要です。経済的な充実をはかりつつ、家庭や地域の和、健康増進などを目的に、仕事と生活の調和をはかるため、従業員の生活に合わせた働き方ができるよう勤務時間を調整するための取り組みや制度を設けています。

  • 育児短時間勤務制度
  • 介護短時間勤務制度
  • フレックスタイム制勤務
  • 残業時間抑制・有給休暇取得推進

労働安全衛生

労働災害を未然に防ぐため、各事業所に衛生管理資格をもつ「衛生管理者」を配置し、職場環境の安全や健康保持などを目的とした活動を実施し、あわせて所属業界の労働慣行に関する問題に対して、とりくみを設けています。

  • 各事業所に衛生管理者を配置
  • ストレスチェック制度
  • 産業医による健康相談
  • 衛生管理委員会による職場環境の改善
  • 定期健康診断・人間ドック

障がい者雇用

障がいをもつ方であっても、種別に応じて過度な制限なく遂行できる業務があり、また能力を発揮する機会が十分にあると考えています。障害者雇用促進法に基づく障がい者採用の実施にとどまらず、職場の相談に応じたり、フォローメンバを就業サポートにつけるなど、障がいをもつ方が安全で安心して、健常者と同様の環境で働けるような職場作りをしています。

  • 身体障がい者の職場調整(低階層フロアに配属する、顧客先勤務としないなど)
  • フォローメンバによる就業サポート
  • 障がいの種別・程度に合わせた業務アサイン
  • 障がい者用トイレの設置

従業員満足度(ES)向上

企業が業績を伸ばし企業価値を向上するには、従業員が最高のパフォーマンスを出せるような経営環境を維持し続けることが重要です。当社は年に1回の従業員アンケート、上司面談制度、経営層に直接提案できるしくみなどを充実させ、また、意見に関する担当の部門が改善を検討・実施していくアクションサイクルができています。

  • 従業員アンケート(各種満足度や希望調査など)の実施
  • 各事業所に設けられた匿名投書可能な提案箱
  • 定期的な上司面談制度

人材育成

技術者としてまた社会人として成長することに働く意義があると考え、徹底した教育と育成を実施しています。技術スキルは、実際の仕事で先端技術や新規分野に触れて身に付けることを重視し、現場主導のOJTを中心に成長を促しています。また、各階層や役職それぞれの立場に合った研修プログラムを設けており、成長段階に応じた技術・知識を段階的に学んでいくことができます。

新入社員研修では、個々の経験度合いに応じてコース分けをし、文系専攻の方でも基礎から学習できる環境を用意しています。

  • レベルに合わせてコース分けされた新入社員研修(1〜3ヶ月)
  • ヒューマンスキル向上や会社を知る階層別フォロー研修(2年目〜11年目)、節目研修
  • プロジェクトや組織のマネジメント力を向上する役職別管理職研修、昇格者研修
  • 先輩社員による実践力を重視したOJT

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法および女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づき「一般事業主行動計画」を公表いたします。